「いい汗」はダンスでかける✨

ダンスは最高の汗腺トレーニング

汗には「いい汗」と「悪い汗」があります。

 

いい汗は、サラサラで小粒

悪い汗は、大粒で濃度が濃くネバネバ

 

そもそも汗をかくことは、体温を調整するために、
熱を放出するという大切な役割を担っています。
汗をかくことは、健康でいることの秘訣でもあります。

 

体温が高くなると、血液中の水分やミネラルが汗腺に入り、
必要なミネラルはもう一度血液中に取り込まれて、
汗として水分と少量の塩分が排出されます。

これが「いい汗」です。

 

汗腺の機能が衰えると、
必要なミネラルが血液中に再吸収されず、
汗と一緒に出てきてしまいます。

 

通常の汗は大半が水分であるのにたいして、
ミネラルなどの老廃物が混ざっている汗は、
蒸発しにくく、べたついてしまいます。

この汗を「悪い汗」といいます。

 

「悪い汗」には老廃物としてアンモニアや尿素が混じり、
皮膚の細菌により分解されることで、
嫌なニオイの原因となってしまいます。

汗腺が衰えていると
暑い夏でも体温調節の汗も出にくくなるため、
熱が体内にこもってしまい、
熱中症を発症する可能性が高くなります。

 

汗腺が衰える原因は、エアコン

普段エアコンが効いた室内で仕事をしていると、
機能している汗腺が減少し、汗をかきにくくなります。

そこで汗腺トレーニングを行うことで、
正常に働いている汗腺の数を増やし、
汗をかきやすくすることができます。

 

一般的な汗腺トレーニングは、お風呂ですが、
最も効果的な汗腺トレーニングは、定期的に適度な運動を行なうことです。

運動を行うことで血行、代謝が良くなり、

汗と共に体内の老廃物を排出することもできます。
しかも適度な負荷で一定時間続けることができる有酸素運動の方が

「いい汗」をかくトレーニングになるんです。

 

楽しい有酸素運動といえば、ダンスです。

ダンススクールに通うことは、
定期的な楽しい有酸素運動=効果的な汗腺トレーニングになります。

 

日頃、エアコンが効いた部屋にいることが多い人は
ダンスで汗腺トレーニングして、いい汗をかきましょう!

 

町田ダンススクールリアンは、初心者限定のダンススクール

ダンス初心者の方でも、楽しくレッスンできるようになっていますし、
実際に皆さん、最初から楽しくレッスンされています。

騙されたと思って、遊びに来てみれください。

レッスンスケジュール

お問い合わせ、お待ちしております。

千葉初心者ダンススクール

ページトップへ