【W杯特集】 対戦国の民族舞踊紹介します♪ その2

日本代表の決勝トーナメント進出を記念して、

昨日・今日・明日の3日間は予選リーグで戦った国のダンスについて

ご紹介したいと思います。

 

第2戦 セネガルの民族舞踊「サバールダンス 」

西アフリカのセネガルは世界一踊る国と言われています。

まるで会話をするかのように、日常にダンスが根付いています。

そこで、セネガルで受け継がれる伝統的なサバールダンスは、

サバールと呼ばれる太鼓に合わせて、手足をダイナミックに動かすダンス。

 

「サバールダンス」の特徴♪

サバールダンスの一番の特徴は、サバールと呼ばれる伝統的な太鼓のリズムに合わせて踊ること。

ダンサーが踊りながら指揮を執り、そのリズムに合わせてドラマーが太鼓を鳴らす。

これがサバールのルールです。

つまり、このダンスの指揮はダンサーに託されているということ!

ダンサーがダンスの指揮をとるって、とても難しいことなんです!

アフリカンダンスの中ではサバールダンスだけです♪

 

現地での「サバールダンス」

現地ではどんなところでサバールダンスが行われているのでしょうか?

「会場」は、街角なんです。

多くが砂地の上で、行われています。

ぐるりと椅子で円をつくり、人が集まってきます。

女性たちは皆お洒落をしてきて、しばらくすると、太鼓奏者の男性たち一行が到着。

準備をして、ウォーミングアップとばかりにたたき始めます。

皮を張った太鼓の中に、料理で使うボールもあったりするんです!

セネガルの人の手によって楽器になったボールの底の音は、乾いた音色でよく響きます♪

 

日本で料理のボールを楽器にして

大人たちが踊るなんて、あまり考えられませんよね!

 

セネガルの子ども達は、その光景をみて育っているから

街角で楽しくダンスをするのが普通。

 

そんな感覚をもって大人になるので、セネガルの方って

なんだか陽気で楽しそうな感じがするのかもしれませんね♪

 

やっぱり、ダンスって心を軽くし、

他者と簡単に楽しさを共有し合える素敵なコミュニケーションツール♪

 

ダンスに興味をもった方・やってみたいなぁと思った方

ぜひ町田ダンススクールリアンに

見学に来てください♪

 

レッスンスケジュール

連絡お待ちしています♪

お問い合わせ、お待ちしております!

松戸初心者ダンススクール

 

ページトップへ