【W杯特集】 対戦国の民族舞踊紹介します♪ その3

日本代表の決勝トーナメント進出を記念して、

3日間に渡り予選リーグで戦った国のダンスについて

ご紹介して来たシリーズも今日が最後!

 

第3戦 ポーランドの民族舞踊

ポーランドの民族舞踊は、とにかく多様!

一つでは言えません!

その理由としては、ヨーロッパ舞踊との交流の歴史と近隣諸国との交流の関係が

あったからだとされています。

また、ポーランドの民族舞踊と民俗音楽は互いに密接な関係にあります。

その特徴は リズムを変化させるテンポ・ルバト。

 

ポーランドの民族舞踊発展の歴史

16世紀には、ドイツ、スウェーデン、ハンガリー、イギリスおよびオランダなどの音楽の中に、

ポーランド・スタイルを真似た踊りが多く見られました。

17世紀には、 ポーランドの弱体化に乗じて

領土内に進入したスウェーデン軍はポーランドの踊りを本国に持ち帰り ました。

今でも、ポルスカなどスウェーデンの民族舞踊の中にこれらの名残があります。

18世紀には、ポーランド国家の衰退、滅亡があったにもかかわらず、

当時のヨーロッパの舞踏会 において、ポロネーズが必ず踊られていたように、

ポーランド舞踊は広くヨーロッパで流行していました。

19世紀になると、マズルカやポルカ・マズルカなど、

ヨーロッパ全土にポーランド舞踊の再来が 起こりました。

 

そう考えると、ポーランド国家の衰退、滅亡にも関係せず

今でも残っているポーランド舞踊が残っているということは、

本当に素晴らしい舞踊だったと言えるでしょうね♪

ポーランド民族舞踊の種類

冒頭にも書きましたが、ポーランドの民族舞踊は多種多様!

それについてお話していきますね♪

 

まずポーランドの民族舞踊には、

 

ポーランドの舞踊を代表するナショナル・ダンスと、

各地域で踊られているレイジョナル・ダンス(フォーク・ダンス)があります。

 

ナショナルダンスは以下の5つです。

  (1).ポロネーズ
  (2).マズール
  (3).クヤヴィアク
  (4).オベレック
  (5).クラコヴィアク

レイジョナル・ダンス(フォーク・ダンス)は以下の地方にあります。

  (1).ポモジェ地方
  (2).ヴィエルコポルスカ地方
  (3).シロンスク地方
  (4).マウォポルスカ地方
  (5).マゾフシェ地方
  (6).マズリィ地方
  (7).全国的に踊られている踊り

 

ナショナルダンスとレイジョナル・ダンスにも色々な背景があるので、

それはまた別の機会にご紹介したいと思います♪

 

ポーランドの民族舞踊の特徴

様々な種類があるポーランドの民族舞踊ですが、

実は共通する特徴が3つあるんです♪

 

一つ目は、多くの踊りが創作自由ということです♪

多くの動作は、いくつかの基本的動作を元に即興されます。

そのため、色々な組み合わせが可能ということです♪

踊る時間や気分によっても変化して行きます。

 

二つ目は、多くのダンスが、男女のカップルダンスであることです。

ダンスの中で、男女それぞれ役割があります。

男子は、女子に意識をそそぎ、その意識の高揚を示さなければなりません。

女子は、男子の働きかけに応じる配慮を求められ、

この両者の働きが踊りを大きく左右するのです!

 

三つ目は、踊りの軽快さと流動性。

特にナショナルダンスにおいては、それが顕著です。

洗練された美しさ、創造された技巧的動作こそポーランド人の誇りであり、心であります。

したがって、ポーランドの踊りを踊る際は、気品高く、華麗に踊る必要があるのです。

 

ポーランドのダンスにも長い歴史やその背景があって今に至っているんですね♪

ダンスからも、国民性が垣間見れる感じがしました!

 

ポーランドの民族舞踊の歴史を知って、

ダンスに興味をもった方・やってみたいなぁと思った方

 

ぜひ町田ダンススクールリアン

見学に来てください♪

 

レッスンスケジュール

見学大歓迎!

連絡お待ちしています♪

西千葉初心者ダンススクール

ページトップへ