ダンスで鍛えられる筋肉ってどこ?

私たちが無意識に動いている時に使っている筋肉。

筋肉は筋繊維という髪の毛一本くらいの細長い繊維状の細胞を束ねたものです。

筋肉には速筋と遅筋の2種類があるのは知っている人も多いのではないでしょうか?

 

私たちの筋肉は、この二つの筋繊維が、

混ざり合うことによって構成されています。

速筋って?

速筋とは、短距離や、ウエイトトレーニングなどの無酸素運動で鍛えられる

瞬発的な運動で使われる筋肉のことです。

オリンピックの短距離走の選手は速筋が鍛えられているんですね♪

 

遅筋って?

遅筋とは、長距離やダンスなどの有酸素運動で鍛えられる

持久力のある筋肉のことで、普段から使っている筋肉のことです。

私たちの筋肉の70~80%は遅筋です。

マラソン選手は遅筋が鍛えられているんですね♪

 

速筋を鍛えるには、ベンチプレスなどのウエイトトレーニング

短距離のダッシュなど瞬発力を必要とするトレーニングが効果的です。

 

遅筋は、持続した軽い負荷の筋トレで、鍛えることができます。

遅筋を鍛えるには、ランニングなどの有酸素運動が効果的です。

遅筋を鍛えることで筋持久力がついて長時間の運動でもバテにくい身体になります。

 

見た目でも明らかに違います。

マッチョな身体は速筋が発達していて、

マラソン選手のような身体は遅筋が発達しています。

 

ダンスは速筋と遅筋のどちらが鍛えられるかというと、

基本ダンスは有酸素運動なので遅筋が鍛えられます。

ただ、チアダンスやブレイクダンスなど、

瞬発的に筋肉を使う動きが多いダンスでは速筋が鍛えられます。

 

ジャズダンスなど、比較的のびやかで

ゆっくりと踊ることの多いダンスでは遅筋が鍛えられます。

 

キレッキレのダンスを踊るには、

瞬発力が必要な速筋も鍛えておく必要があるんです。

 

ダンスは、速筋、遅筋の両方が鍛えられる

バランスがいい運動だと言えます。

 

さあ、ダンスがやってみたくなったあなた!!!

 

町田ダンススクールリアンは、初心者限定で、

初心者にとっても優しいダンススクールなんです。

 

初心者でも楽しくダンスができるよう試行錯誤を繰り返し、

ノウハウを積んできたから、ダンス初めての人でも、

最初から楽しく、ダンスすることができます

 

ダンスでいい汗かいて、心も体もリフレッシュしませんか。

 

ダンスに興味がある方、是非遊びに来てみてください。

 

レッスンスケジュール

 

見学大歓迎です♪

ご連絡お待ちしています♪

千葉初診のダンススクール width=

千葉初心者ダンススクール

ページトップへ