ダンスあるある!?11選!

初心者向けダンススクール「リアン」です。

リアンでは、ダンス初心者✖️大人の皆様が楽しく踊れるようになる環境を作っております。

町田・立川・吉祥寺・西東京・国立・八王子の方は、是非一度遊びに来てみてください♪

今回の話題は「ダンスあるある」

ダンスをしているとついついやってしまう、”あるある”!

私だけ!?と感じていることも、他の人も感じている”あるある”かもしれません。

ぜひ、楽しく見てみてください。

ダンスあるある

●音楽が流れるとリズムを取ってしまう

これはよくある、”あるある”ではないでしょうか?

何も考えず、音楽にのってリズムをとってしまいますよね。

特に一度踊ったことのある曲だと、余計に体が動いてしまいます。

●カウントやメロディを擬音語でいいがち

“ブンッ” “ドンッ” “シュッ”は、定番の擬音語ではないでしょうか?

ご、ろく、しち、はち、ワンツーさんし!と謎の使い分けをしたり。

メロディも「ジャカジャンッのところから始めよう」や「ズンズンパッのところから練習しよう」など、意味不明な言葉でも通じてしまうことも。

●3本ライン入りのジャージを持っている

やはり、定番といったら3本ライン入りのジャージ!

1本は持っている方が多いのではないでしょうか?

●目の前に鏡や窓があると、つい踊ってしまう

全身が映るものがあると、反射的に家でも外でも踊ってしまいます。

広いトイレの鏡などがあると、そこで踊ってしまうことも。

●新しい振り付けのダンス練習の後は、筋肉痛になる

ダンスに筋肉痛は、付き物!

特に新しい振り付けを練習すると、普段使っていない筋肉を使うため、激しい筋肉痛になってしまうことも。

●付き合いが長くても、意外と本名は知らない

普段、ダンサー名で呼び合うことが多いと、本名は知らない!なんてことも。

●意外と音痴な人も…

ダンスをしていても、意外と運動音痴やリズム音痴な方もいらっしゃいます。

リズムトレーニングなど、練習をすればうまくなりますので、基礎練習をしましょう。

●ダンスをしているとカッコイイのに、喋ると残念な人

ダンスをしていると、すごくカッコイイ!

なのに、喋ると…と喋らない方がいいよという方もいらっしゃるときもあります。

●挨拶はいつでも、おはようございます!

なぜか、挨拶はおはようございますが多い!

これには、有力な説があります。

①朝昼晩の挨拶の中で、唯一敬語が使えるのが「おはようございます」のため、目上の人にも常に敬語でできる挨拶ということで、「おはようございます」を採用したという説。

②もともと歌舞伎の世界で裏方さんたちが、出番前練習のために早く楽屋入りしている役者さんたちに「お早いお着き、ご苦労様です」という相手をねぎらう言葉を省略して、「おはようございます」と言ったことから始まったという説。

●ダンスをやっているというと、踊ってと言われる

学校や職場などで、ダンスをやっているというと、踊ってと言われるという経験は、したことがある方も多いのではないでしょうか?

急に言われても困りますが、踊らないと残念がられてしまうことも。

ノリノリでガチで踊っちゃいましょう!

●最後の「ラスト1回」が何回もある

「次でラスト!」が、エンドレスのように何回も続くことがよくありませんか?

「ラスト」と思っても、なかなか納得がいかず、ラストを何回もしちゃう、あるある。

ダンスあるある!?11選!まとめ

いかがでしたか?

“あるある”と、共感してしまうことも多かったのではないでしょうか?

ぜひ、仲間と”あるある”話をしてみてください!

新しい発見があるかもしれません!

ページトップへ