ストレッチは必要!?ストレッチの効果的な方法!

ストレッチのイメージ画像

皆さん、こんにちは!初心者向けのダンススクールLian(リアン)町田校です!

 

今回は、ダンスをする際に欠かせないストレッチについてお話ししたいと思います!

 

なぜダンスをする時にストレッチが必要なのでしょうか?

その理由や、おすすめのストレッチ方法、そしてストレッチを行う際に気をつけるポイントなどをご紹介します。

 

ストレッチの効果とは

 

まず、ダンスをする際にストレッチが必要な理由ですが、その効果は大きく二つあります。

 

  1. ダンスのパフォーマンスが向上する

ダンスでは全身の筋肉を使います。激しい動きや特定の部位への負荷がかかることもあります。そのため、硬直した筋肉で激しい動きを行うと、怪我のリスクが高まります。適切なストレッチは、筋肉の柔軟性を高め、血行を促進し、パフォーマンスを向上させます。

 

  1. 疲れを残さない

ダンスの後にストレッチを行うことで、疲労した筋肉をほぐし、血行を良くします。これにより、疲れを残さずに次の活動に備えることができます。

 

おすすめのストレッチ方法

 

では、具体的なストレッチ方法を見ていきましょう。

 

Step1. 背中のストレッチ

四つん這いになり、背中を丸めるようにして床に手をつきます。次に、手を前に移動させ、胸を床に近づけて背中を伸ばします。

 

Step2. 股関節のストレッチ 

あぐら座りをし、両足をくっつけます。両足を抱えながら、上半身を床に近づけて股関節を伸ばします。

 

Step3. 肩のストレッチ

肩甲骨を動かすように、肩を前後に円を描くように回します。また、手で頭を肩に引き寄せるようにして、肩周りの筋肉を伸ばします。

 

Step4. 太もものストレッチ

両膝を床につけ、片足を前に90度に立てます。腰を前後に動かすことで、太ももの付け根から裏側までを伸ばします。

 

ストレッチで気をつけること

 

最後に、効果的なストレッチを行うために気をつけるポイントです。

 

 Point1. 無理をしない

筋肉を無理に伸ばすと、怪我のリスクが高まります。無理をせず、痛みや不快感を感じない範囲で行いましょう。

 

Point2. ゆっくり伸ばす

ストレッチは急がず、ゆっくりと行うことが大切です。筋肉を無理に引っ張らないように注意しましょう。

 

Point3. 呼吸を意識する

ストレッチ中は呼吸を整え、無駄な力を抜くようにしましょう。

 

以上が、ダンスの前後に行うストレッチの重要性や方法、注意点についてのご紹介でした。

健康的な体づくりのために、ぜひダンスの前後に適切なストレッチを行ってみてください!

ページトップへ